【20代、家を買う。】50年ローンとは!?

2022.06.20

こんにちは。

今回は、


「20代のうちにマイホームを持てるのか」
「買うならできるだけ早く買いたい」
「何歳で家を買うのがいいのか」


このように考えている方必見の、住宅ローンの中で【50年ローン】商品を使用することで、
お得に物件購入ができるかもしれない方法についてまとめてみました!






住宅ローンの借入期間

住宅ローンの借入期間が、実は「最長50年」まであることはご存知ですか?

かつては「35年」が、世間一般的に知られている借入年数の上限であったと思います。

皆さんも「フラット35」など、テレビやCMで聞き覚えがあるのではないでしょうか?

人生100年時代を背景に、住宅ローンの借入年数も以前から伸びたといえるかもしれません。

ですが「最長50年」と聞くと馴染みがなく、むしろ50年間も支払い続けなくてはいけないのか…
と途方に感じる方もいるかと思います。

今回この記事を読むことによって、多角的な要素を含むこの「50ローン」の魅力を感じられるかもしれません!

それではメリット・デメリットのそれぞれを紹介していくので、じっくりとご覧ください!






◎50年ローンのメリット

・メリット①:月々の返済額を安くできる



50年ローンにすることで、35年ローンに比べ費返済回数も多くなる為、月々の負担が少なくなります。

月々の固定費負担が減ることで、浮いたお金を有効活用でき、お子様の教育や趣味・娯楽費用、自己投資にもお金をかけることができます。





・メリット②:繰り上げ返済が可能

※例外もございます。

「子育てが終わった」、「ボーナスが貯蓄でき余裕ができた」などその時のライフプランに合わせて繰り上げ返済ができるので、例えば29歳で50年ローンを組み、

79歳まで返済し続けなくても、65歳や70歳、75歳と早く返済を終えることが可能です。

また金融機関の取り扱いによって異なりますが、繰り上げ返済に関しては手数料がかからない金融機関もあります。






・メリット③:使える物件はごくわずか…

50年ローンは「長期ローン」になるため、金融機関も担保評価のある物件や提携している事業主に
しか取り扱いができないことが多いです。

そのため、それだけ信頼性の高いマンションという証になるといえますね。






◎50年ローンのデメリット

・デメリット①:長期ローンによる利息で「総支払額は多くなる」

もしデメリットとして挙げるならば、利息による総支払額が増えるのはデメリットといえますが、その差は日々の小さい節約で埋められます。

また繰り上げ返済も上記記述の通り、手数料がかからず行える金融機関もある為、実質の利息負担によるデメリットは感じられないかと思います。


・デメリット②:年齢制限がある


住宅ローンは、「75歳~82歳までに完済しなければいけない」という金融機関が多くあります。

逆算をすると「20代~30代前半の方は50年ローンを最大限に活用」できるのです。

若いうちから賃貸並みの支払いができ、かつ住宅ローン減税を有効活用することで、資産形成ができやすくなるのではないでしょうか。


住宅ローン減税の記事についてはコチラ▼



◎まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は50年ローンについて、まとめてみました。

50年ローンには、もちろんメリットもデメリットもあります。

住宅ローンを借り入れる際は、その方に合った返済計画が必ずあるので、よく考えてローンを組むことをお勧めします。

弊社ではファイナンシャルプラン(FP)相談会も随時開催しておりますので、ぜひご相談ください!

人生の中で大きな買い物と言えば、”不動産”です。

不動産を購入するうえで、無理のない返済をしていくために「50年ローン」を一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。




現在公開中物件はコチラ▼

【プロスタイル蔵前】

都営浅草線・大江戸線「蔵前」駅


【プレシス葛西プロスタイル】

公開日 2022年06月20日
更新日 2022年08月27日

PROSTYLEのSNSをフォロー

facebook social twitter social instagram social youtube social line social