マイホーム購入「マンション」と「戸建」どっちがいい?

2022.01.23

 


憧れのマイホーム購入「マンション」「戸建」か?

住宅購入を検討されたことがある人は、必ずと言っていいほど悩む問題ではないでしょうか?

本日はマンションの、メリットに絞ってご紹介します!


眺望・日当たり

プレシス淵野辺桜レジデンス Aタイプからの眺望

 戸建とマンションで、最も異なるのが”眺望”です。

戸建では近隣に同じような戸建が建つことが多く、マンションも目の前が公園であったり、戸建が建っていたりと条件がそろっていれば開放的な眺め・日当たりを感じることができます。

開放的な見晴らしや日差しを浴びたい方にとっては、マンションの方が向いているといえます。



戸建より安心⁉マンションセキュリティー

女性単身でも安心 エントランス、エレベーター、玄関から成るトリプルセキュリティー


 マンションのセキュリティーは一般的に、戸建より優れているといわれております。

弊社で取り扱っている販売中物件(2022.1.22時点)【プレシス淵野辺桜レジデンス】では、トリプルセキュリティーを採用しています。

エントランス、エレベーター、玄関の三か所にセキュリティー、尚且つ防犯カメラ9台

ここまでの防犯をするのは、戸建だとなかなか難しいかと思います。

またマンションは他の住居者がいるため、犯罪を未然に防ぐ役割を担っていると言えます。

お子様がいる家庭や女性の方は、マンションの方が安心するかもしれません。


駅まで歩ける【駅距離】

 

戸建のデメリットとしてよくあげられることの多い、最寄駅までの距離ですが・・・

プレシス淵野辺桜レジデンスでは、最寄り駅の【JR横浜線 淵野辺駅】まで徒歩11分。

毎朝バスに乗って駅まで行く必要はありません!

駅から歩けるという事は、不動産の資産性を高めてくれる、重要なポイントの一つです。

資産性を気にされるという方には、マンションがおすすめと言えます。


管理がラクラク!

 マンションには管理人さんがいるケースが多く、共用施設の清掃や万が一の際の消防施設の点検や分電盤の点検、ゴミ出しなど・・・

普段の生活において、ついつい怠ってしまう業務を行ってくれます。

またマンション・戸建どちらも年数が経つにつれ、劣化していきます。

不動産の価値を下げないためにも、10年に一回のペースで大規模修繕を行うのが一般的ですが、戸建の場合は自ら管理を行わなくてはなりません。

この修繕を忘れてしまうと後の修繕費用が大きくなったり、不動産としての価値がなくなってしまう可能性がある為、注意が必要です。

その点マンションについては、月々<修繕積立金>という費用を徴収しているケースがほとんどで、自主管理の必要が無く、まさに「住んでいるだけでマンションの価値を保つことができる」のです!


実は変わらない!?ランニングコスト

 「マンションは修繕費がかかってくるから、月々支払いが高くなる!」

そんな話を一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし戸建だからと言って修繕しないわけではなく、建物は約10年に一度のペースで修繕をされるのが一般的です。

ここでマンションと戸建の修繕費用を、比較してみましょう。


屋根(瓦)、外壁(モルタル系サイディング)にした場合の戸建てとマンションの修繕費の比較

戸建   マンション  
0円初年度 約29.6万円
約1110.8万円~30年 約889.5万円
※試算はあくまでも一例
※戸建て住宅の費用は、屋根(瓦)、外壁(モルタル系サイディング)にした場合で、
屋根(金属板)、外壁(モルタル吹き付け)の場合は約870.8万円になる


このように比較すると、大きく差はないことがわかります。

マンション【月々分割にして支払っているイメージ】

戸建【10年に一度一括で多額な修繕費を支払うイメージ】

ですね!


まとめ

 マンションには戸建と比較して眺望や日当たり、資産性等、日々の生活のしやすさが優れていると感じる点も多いかもしれません。

またすでに完成したマンションであれば、実際の日当たりや眺望、共用施設の確認をすることができるのでおすすめです。



~現在公開中物件~

【プレシス葛西プロスタイル】

都営浅草線「蔵前駅」徒歩5分(【プロスタイル蔵前】資料請求受付中!!

公開日 2022年01月23日
更新日 2022年09月01日

PROSTYLEのSNSをフォロー

facebook social twitter social instagram social youtube social line social