1坪って何㎡⁉不動産でよく使われる坪、畳数についてまとめてみました!

2022.03.07

物件の間取りを見ていると1坪や1畳、1㎡など複数の単位が使われており、分かりづらいと感じる方もいらっしゃると思います。
そこでこちらの記事では坪と畳(帖)の大きさについて書きましたので、是非、最後までご覧下さい。

坪(つぼ)とは

坪とは日本では中世以来、測地用の慣用単位であり,旧土地台帳、旧家屋台帳でも使われていた単位です。日本独自の単位なので、アメリカでは「スクエアフィート」(約10.76sq/ft=1㎡)、中国だと
1畝(「ムー」)=66700㎡が使われています。
日本に近い台湾や韓国では、1坪の面積は同じですが呼び方が違います。もしも、アメリカや中国など外国でお住まいを探す際は注意が必要です。

1坪ってどれくらい

1坪は、1辺が6尺(約1.81818178m)の正方形で3.30578㎡になります。
また、これらをもとに計算すると1㎡は0.3025坪となります。

畳・帖(じょう)とは

畳数とは畳1枚の大きさです。
畳は江戸間、中京間、団地間など様々なサイズがあります。

1畳ってどれくらい

京間(西日本エリア):191.0cm× 横 95.5cm=1.82m2
中京間(東海エリア):182.0cm× 横 91.0cm=1.65m2
江戸間(東日本エリア):176.0cm× 横 88.0cm=1.54m2
団地間(エリアに関係なく多くの団地で採用):170.0cm× 横 85.0cm=1.44m2

公正競争規約施行規則によると「住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの広さは1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以上の広さがあるという意味で用いること。」とされています。
つまり不動産ネット等に掲載されている畳数は「1畳=1.62㎡」となっております。
また、帖と畳は同じ意味で使われます。

具体例

プロスタイル蔵前で実際に使用されている間取りを見てみましょう!
LDKが10.7Jとなっており、これは10.7帖という意味です。
10.7(畳)×1.62=17.334㎡ということになります。
また、4帖ですと、

4×1.62=6.48㎡となります。


まとめ

1坪=3.30578㎡

1㎡=0.3025坪

1畳=1.62㎡

リビングや洋室などは畳数で表示されることが多く、建物の専有面積は㎡や坪で表示されることが多いです。
そのため、上記の計算方法を覚えておくと自分の分かりやすい単位で計算できます。
また、内見を通して帖数や坪数の広さを確認しておくと図面を見ただけでイメージできますので、内見に行くのもおすすめです。

公開日 2022年03月07日
更新日 2024年07月22日

PROSTYLEのSNSをフォロー

facebook social twitter social instagram social youtube social line social