• 耐久性

    長く使って欲しいからこそ、自然素材にこだわりたい。天然無垢材は、合板材と比較すると驚くほど耐久年数が良いのが特徴です。合板材の場合、経年劣化により、表面がはがれてきます。しかし、天然無垢は簡単なメンテナンスをするだけで長く使い続けることができます。

  • 安心・安全

    天然無垢材のフローリングは、複合フローリングと違い、シックハウス症候群の原因となる化学物質が含まれる可能性のある接着剤を使用しないのが特徴です。ただ高級というのではなく、住む人の健康にも配慮した安全・安心の住まいです。

  • 天然無垢材(オーク)

    はっきりとした美しい木目が特徴で、昔から日本では「ナラ(楢)」と呼ばれ。よく使われています。材質は硬くて重厚で、耐久性にも優れているため、住宅はもちろん、店舗や公共施設などのフローリング材にも大変適した樹木です、家具や洋酒の樽などに多く用いられています。

安らぎのある肌ざわりと豊かな表情が魅力。

素足で歩いたり、寝転んでみると天然無垢材フローリングの堅さと温かみが感じられ、
安らぎのある肌ざわりと心地よさがやみつきになります。
素材ひとつひとつで表情の異なる木目や独特な色と風合いも無垢材ならではの魅力です。
家の中にいながら、大自然の中にいるような落ち着きを与えてくれます。

質の高い天然アロマが楽しめる。

無垢材の精油分であるフィトンチッドは気分を安らげる効果があり、
アロマテラピーとして利用され多くの方に好まれています。
無垢材の自然な木の香りは様々なニオイを和らげる消臭作用もあります。
加工されたものにはない良質の天然アロマが楽しめます。

温度や湿度をコントロールしてくれる。

天然木は熱伝導率が低いため暑さや寒さなどの急激な変化から
守ってくれるという特性があります。
余分な水分を吸収したり、湿気や乾燥にさりげなく対応しながら
室内環境をコントロールしてくれます。

時を重ねるごとにアンティークの風合いが味わえる。

無垢材は年月を重ねるごとに経年変化し木目がなじんで美しくなっていきます。
その風合いはさながらアンティークのようであり天然無垢ならではの贅沢と言えます。

プロスタイルシリーズにお住まいの方に聞きました。
天然無垢材のフローリングの魅力や
住み心地についてのリアルな声をご紹介。

天然無垢材ならではの
温もりが高評価

天然無垢材フローリングの良いところとして、「木の温もりを感じられるところ」という回答が一番多く、次いで「デザインの良さ」、「高級感があるところ」と続きました。通常のフローリングにはない、天然無垢材ならではの温かみが喜ばれているようです。