学芸大スタイル トレンドを庭にする、大人の住処

独自の感性が息づく目黒。
学芸大学駅から歩く時間は、この街の賑わいのせいか、
瞬く間のことのように感じられる。
代官山へ、恵比寿へ、自由が丘へと気軽にいける距離感も心地良い。
落ち着いた街並みに調和する、和のエレメントを纏った意匠。
そっと素足にふれる無垢材が心をほぐしていく。
ここだけの上質な暮らしがプロスタイル学芸大学からはじまる。

プロスタイル学芸大学学芸大スタイル トレンドを庭にする、大人の住処

都内屈指の住環境が日常となり、トレンドエリアへ自由自在。都内屈指の住環境が日常となり、
トレンドエリアへ自由自在。

独自の文化が息づく目黒通りと個性あふれる魅力的な学芸大学を謳歌。独自の文化が息づく目黒通りと
個性あふれる魅力的な学芸大学を謳歌。

  • 東口商店街
  • 中央緑地公園
  • 東急コリドール会
  • 西口商店街

プロスタイル学芸大学FORWARD SRTLE INTERIOR PRODUCING

厳選された素材を主に、引き算の美学で厳選された素材を主に、
引き算の美学で

このレジデンスで暮らす人たちが、どこよりも落ち着きを感じるパブリックスペースとは。
その回答として演出したのが「ZENスタイル」による空間構成です。
最奥に設けられたエレベーターまでの視点の流れを意識した意匠は、
決して奇をてらうことなく、素材が持つ力を最大限に引き出す「引き算の美学」においてプランニング。
たとえば黒松・笹竹・白梅に立石を組み合わせたエントランスや、
柿渋シートと硝子によるライトウォールが展開する風除室、
さらに天井の照明を幾何学的に並べることで光の揺らぎをつくるラウンジや、
凛とした輝きを放つ錫箔のアート作品など。
この空間にある意匠は、すべてが日本人のDNAを刺激する
エレメントにより構成されています。

フォワードスタイル株式会社
総合インテリアプロデュース 南部 昌亮
共用部デザイン/田中康博

FOWARD STYLEとは?FOWARD STYLEとは?

住空間の心地よさとは、デザインの美しさと品質、機能性の調和と考えるフォワードスタイル。
住まう人の視点やライフシーンから発想したインテリアデザインの提案により、
数々の都市空間を創造してきた、デザインプロフェッショナルカンパニー。

プロスタイル学芸大学天然無垢材フローリング